2014年6月5日木曜日

スーパーソニックランナー(食玩)速攻で組み立てました

カバヤハイパーブルーポリスガムの
スーパーソニックランナーA+Bを組み立て、合体させると、
 スーパーソニックランナーが完成します(シール地獄でもありました)。
連投になりますが、せっかく作ったので、シールが剥がれないうちにレビューします。

運転席に人形搭乗。
 ノーマルフォーム
シール地獄により、本家(タカラトミー製)をほぼ再現。
車体を伸ばし、後部のスモークランチャーを付け替えると、
追跡フォームに。
本家と異なり、バンパー部のウィングは展開しません
(ライトもサウンドもなし…アタリマエだっ!!)。
 運転席を上げて、ミニトミカ出動!
(例によってミニトミカには…以下同文)
初代ソニックランナーごっこ!

本家の初代ソニックランナーには白バイを後部に搭載するギミックがあったので、
これだけは是非ともやってみたいと思っておりました。
さすがに(バイクの車高がつかえて)搭載まではできなかったけど、
白バイスタンバイのシーンは再現できたので、これでよしとします。 
ブーブガーディアンとハイパーブルーポリス、
夢(と言うより悪夢)の共同作戦!
本家スーパーソニックランナーはもっと大きいですが、
スケール的にはカバヤ版の方が(VooVと)絡めやすいです。

そんな訳で、ブルーポリス人形も増えました
(後ろのバイクは気にしないで下さい)

あとは、ストームランナー(ストーム1&ストーム2)を組むだけですが、
いつの事になるやら…?

(2014年6月6日追記)
結局、組み立てました!

0 件のコメント:

コメントを投稿